jump to content immediately

若い世代とコスメについて。

最近では初めてメイクをする年齢も低年齢化しているようです。90年代にはコギャルブームが起き、その頃女子高校生が若くして濃いメイクをしていたことが話題になりました。しかしここ最近では高校生がメイクすることはもはや当たり前とさえ思われているようです。

近頃では小学生からメイクに関心を持ち、コスメを集めているというケースも少なくありません。一昔前であればメイクは大人の女性の身だしなみであるという考え方が強かったのですが、現代では整形メイクなどという言葉に代表されるように、メイクは別の自分へと変身できる魔法と化したのです。雑誌やテレビに出てくるようなモデルやタレントにあこがれると、鏡の中の自分にコンプレックスを感じることも多くなります。それは思春期の少女にとってはより強いものですから、美意識に目覚めるような年代ですぐにコスメに挑戦したいと思うようになったのでしょう。

また、こういったことは小中学生の女子向けの雑誌などでも毎月特集していますから、マスメディアもこの傾向を促しているということです。キッズコスメと銘打って販売しているメーカーもありますが、若い世代が手に入れやすい場所として100円ショップも挙げられます。低価格で一通りの化粧品をそろえることができるので、お金があまり無い学生でも気軽にメイクを楽しむことが出来るような時代になり、化粧品のターゲットも時代とともに変化しているということでしょう。

admin in 未分類 on 1月 20 2015 » comments are closed

保険の見直しは総合的な視野をもって見直すことが肝心

保険の見直しとは、既契約の内容が自分の思い描いている内容通りかを確認したり、現在の家族構成や生活環境に適しているかを確認する作業のことをいいます。一言に保険といってもあらゆる種類のものがあります。死亡保険や医療保険などの人に関するものであったり、火災保険や自動車保険などのものに関するものであったり、学資保険や年金保険など貯蓄に関するものなど様々です。しかし以外と見直しを行う場合、多くの方は人に関する保険だけを考えたり、ものに関する保険同士だけを比較したりします。実は見直しを行う場合は、既契約の証券をすべて引っ張り出して総合的に考えた方が実りのある結果となることが多いのです。

例えば死亡保険と年金保険についてですが、お子様がいないご夫婦の場合だとお互いの葬儀代と老後資金を準備しておけば他に多く遺す必要はありません。しかし火災保険の内容が手薄だと、いざという時住む場所を失います。修理費用が足りない場合、老後資金として蓄えておいた貯金を崩して家を建て替えたり補修したりする必要がでてくるのです。火事になっても元々施設に入るつもりで考えていたから問題ないと考えるか、お子さんがいらっしゃる家庭であれば将来お子様と同居を考えるから問題ないという方もいます。

このように、保険とは一分野だけで考えていては足りない部分が出たり必要なことに気付けないこともあります。保険を見直す際はいざという時を全体的に捉えて広い視野で考える必要があるのです。

admin in 未分類 on 1月 20 2015 » comments are closed
        Older Articles